髪の毛には毛が成長する成長期、毛が衰え始める退行期、毛の成長が止まる休止期という毛周期があります。
これが正常なサイクルで回ることによって髪の毛は抜けたり生えたりを繰り返しています。
ところがAGA(男性型脱毛症)を発症してしまうと、髪の毛の成長を阻害するサインが発信されるようになれ、毛が成長しにくくなり抜けて落ちてしまいます。



この髪の毛の成長を阻害するサインは、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼが結合してできるジヒドロテストステロンが原因とされています。



ジヒドロテストステロンが毛の根元の男性ホルモン受容体と結合すると発信されるようになります。

AGAは進行する脱毛症なので、治療に必要なのは進行を食い止めることと発毛を促すことです。
進行を食い止めるのに効果的とされているのが、フィナステリドという成分です。この成分には5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるので、AGAの進行を抑え、毛周期を正常なサイクルに戻すことができます。

次に発毛を促すのに効果的とされているのが、ミノキシジルという成分です。
この成分は、毛の毛母細胞に直接作用し、細胞の分裂を活発にさせます。
これによって髪の毛の成長を促す効果が期待できます。こうした薬治療以外に生活習慣を正したり、喫煙をやめることでも症状が改善できる場合があります。


尚、AGAの治療方法は進行状態によって異なりますので、医療機関を受診して正しく治しましょう。