• 自分でできるネズミ駆除の方法

    ゴキブリなどの害虫に比べると少ないものの、家に侵入してくるネズミに頭を悩ませている方は少なくありません。

    ドブネズミやクマネズミ、ハツカネズミの3種類のネズミは一般に「家ネズミ」と呼ばれ、人間の家の中に住み着き様々な被害をもたらします。

    例えば家の建材や家具、電気設備などを齧ることや、糞尿をまき散らかしてダニや様々な病原体を媒介するなどの被害があげられます。
    そこで、害虫同様、ネズミ駆除を目的とした色々な製品が販売されています。



    プロにネズミ駆除を依頼することなく、厄介なネズミを自分で追い払うにはどのような方法があるのでしょうか。

    ネズミが家の中に生息する要因として最も大きいのは餌の有無です。
    そこで、餌となりうる残飯や生ごみの片付け・清掃を徹底するのがネズミを侵入・繁殖させない最も効果的な方法です。加えて、侵入口となりうる穴や隙間を塞ぐことで侵入を防ぐのが最も最初にとるべき措置と言えるでしょう。



    また、餌の他にも新聞紙やビニール袋などといった巣材となりうる素材を散らかさないのも効果があります。



    それでも侵入してしまったネズミを駆除する方法としては、粘着式ネズミ捕りや捕獲用のカゴといったネズミ駆除グッズの設置が簡単で便利です。
    他にも、殺鼠剤を用いた毒餌を設置する方法もありますが、これは自身の安全のためにも手袋やマスクなどを徹底して用いるようにしましょう。


    また、ネズミを見かけた場合、虫と同様にスプレーを吹きかけて追い払うことも効果的です。
    目的に合わせて、これらのネズミ駆除グッズを効果的に利用すれば、プロに頼らずとも厄介なネズミの被害を食い止めることができるでしょう。